クエン酸回路とは

クエン酸回路とは

クエン酸を取ると疲労が回復すると言われますが、なぜ回復するのかその仕組みを知る人は少ないです。どうして疲労回復がなされるのか、それは摂取し体を巡って最終的に疲労回復までの道筋であるクエン酸回路というものがあります。クエン酸回路と疲労の関係というのは、人間が体を動かした時に脳や筋肉はその負担によって傷ついた組織を修復するために乳酸などの再生を促す物質を分泌します。そして分泌後筋肉が修復が完了すると乳酸は血管の血流を通って流れて排出されるのですが、その傷が深ければ深いほど再生物質の量が多くなることで脳の分泌の反動で体が重く感じてしまうのです。そこでクエン酸の登場です。この成分をレモンなどの柑橘類やサプリメントから摂取すると、体の中で大腸から肝臓に運ばれたのち変化します。最初はアコニット酸からイソクエン酸になり、それからα-ケトグルタル酸スクシニル酸コハク酸ラマール酸リンゴ酸オキサロ酸そして最後に再び最初に戻るという順番を絶えず繰り返します。この順番を絶えず繰り返す間に、体の中ではこの成分を元に細胞が活動を開始し体の中に残った乳酸などの再生物質を血流に乗せて尿道に送り排出することで疲労回復になるのです。